本文へスキップ

株式会社フードデザイン研究所は真空低温調理を中心とした新調理システムの構築と、ご家庭への新調理紹介を専門とする食卓と健康にやさしい会社です。

TEL. 03-6424-5011

〒112-0011 東京都文京区千石2-8-15-303

よくある質問Q&A

パウチクック(ポリ袋レシピ)に関するご質問

調理法に関するご質問

Q.素材に火が上手く通らず固いです。原因は何ですか?

A1.ポリ袋の中の空気を充分抜いて下さい。半真空状態にすることで熱伝導率が上がります。
⇒水を張ったボウルの中に具材、調味料を入れたポリ袋を入れ水圧で出来るだけしっかりと空気を抜いて下さい。

A2.具材を普段の料理よりも薄く、小さくカットするか、もう少し長く加熱して下さい。

A3.具材、調味料を入れたポリ袋は熱が均一に通るようにできるだけ平らにして下さい。
⇒具材が団子状に丸くなっていると、熱が均一に通りません。表面は出来ているのに、中はまだ火が通っていなかった、という時はこのパターンが多いです。

A4.お湯は、お鍋の1/2〜1/3まで入れてください。お湯が少なすぎるとなかなか食材に火が通りません。

Q.具材に上手く味がしみ込みません。なぜですか?

A.ポリ袋の中で具材と調味料がよく馴染むように、袋を軽く振りよく混ぜ合わせて下さい。

Q.ポリ袋の中の空気を上手に抜くことが出来ません。どうすればよいですか?

A.水を張ったボウルの中にポリ袋を完全に沈め、手で袋をしっかり押さえることで中の空気は抜けます。また、一度抜けた空気が再度入りこまないように具材に近い部分をしっかり握り、クルクルと回しポリ袋の口に近いところでしっかり結びます。

Q.ポリ袋をお湯に入れると膨らみ浮輪のようにプカプカと浮いてきます。大丈夫ですか?

A.問題ありません。熱が加わることで素材が元々持っている水蒸気が発生し、ポリ袋が膨らみます。      


サービスに関するご質問

Q.料理教室はやってもらえますか?

A.もちろん、お受けしております。プライベートレッスン、グループレッスン、こども料理教室、出張料理教室、講演会など様々なスタイルでのご依頼をお受けしております。
内容、ご予算等、その都度ご相談させて頂いております。
まずは下記までお気軽にお問合せください。
  TEL 03-6424-5011 FAX 03-6912-2435 Mail info@food-design.co.jp  担当:川平稔己

Q.商品開発、コンサルティングはしてもらえますか?

A.弊社では、これまでの新調理システムに携わってきた経験や知識を活かした商品開発や、コンサルティングをしております。
商品開発は、新調理システムを活かした食べ物の他、キッチン用品の開発などのご相談もお受けしております。
コンサルティングにつきましては、「新調理システム」と一口に言っても、とても幅は広く、また実際には経営者様のお考えやキッチンに立つ皆様が先頭になって進めていくものです。私たちは、皆様のお考えをしっかりと伺ったうえで、どのような形がよいのか、判断しアドバイスをしてまいります。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

     

書籍等に関するご質問

Q.書籍を買いたいのですが、どこで買えばよいですか?

A.全国の書店、インターネットで購入が可能です。ご不明な点などございましたら、お問合せください。
出版書籍はこちら⇒

Q.真空調理をするための道具などはありますか?

A.現在、川平秀一がプロデュースを手掛けた「真空マジック」という商品があります。詳細はこちら⇒


バナースペース

バナースペース

株式会社フードデザイン研究所

〒112-0011
東京都文京区千石2-8-15-303

TEL 03-6424-5011
FAX 03-6912-2435